Côte des Blancs / コート・デ・ブラン

概要

コート・デ・ブランというのは”白い丘陵”という意味で、その名のとおり白葡萄中心で、ブラン・ド・ブランの故郷。この地区の葡萄畑は白亜とその風化した土壌に広がっています、 この地区のシャルドネから生まれるシャンパンは、常にフレッシュさを失わずゆっくりと熟成し、デリケートでエレガンスをそなえています。
ぶどう畑

「Côte des Blancs」のぶどう畑

テロワール : Côte des Blancs
ぶどう栽培面積 : 3,358.3 ha (33.583 km2)
- シャルドネ : 3,268.3 ha (97.3%)
- ピノ・ノワール : 64.7 ha (1.9%)
- ピノ・ムニエ : 24 ha (0.7%)
- その他 : 1.3 ha (0%)

「Côte des Blancs」のクリュ(Commune)

格付け ぶどう栽培面積シャルドネピノ・ノワールピノ・ムニエ
Avize Grand Cru 266 ha 99.9 % 0 % 0 %
Bergères-lès-Vertus Premier Cru 220.3 ha 97.2 % 2.2 % 0.4 %
Blancs-Coteaux 985.6 ha 94.7 % 5.1 % 0.2 %
- Gionges 0 ha
- Oger Grand Cru 401.9 ha 99.6 % 0.4 % 0 %
- Vertus Premier Cru 542.3 ha 90.7 % 8.9 % 0.4 %
- Voipreux Premier Cru 41.4 ha 99 % 0.7 % 0.2 %
Chouilly Grand Cru 525.8 ha 98.7 % 1 % 0.3 %
Cramant Grand Cru 345.4 ha 99.9 % 0 % 0.1 %
Cuis Premier Cru 176.3 ha 96.2 % 0.1 % 3.6 %
Grauves Premier Cru 186.6 ha 92 % 1.4 % 6.6 %
Le Mesnil-sur-Oger Grand Cru 437.6 ha 99.7 % 0.3 % 0 %
Oiry Grand Cru 88.3 ha 99.4 % 0 % 0.6 %
Val-des-Marais Premier Cru 29.7 ha 100 % 0 % 0 %
Villeneuve-Renneville-Chevigny Premier Cru 96.7 ha 99.2 % 0.8 % 0 %

「Côte des Blancs」を拠点とする主なシャンパン銘柄