ピノ・ノワール とは

ピノ・ノワール / Pinot Noir , PN

ヴィティス・ヴィニフェラとも呼ばれるヨーロッパ系の葡萄品種のひとつ。PNと略される事もある。

ピノ・ノワールはフランスのブルゴーニュ地方を原産地とし、この地方で最も重要な赤ワイン用の品種で、イタリアでは ピノ・ネロ(Pinot Nero)、ドイツではシュペートブルグンダー(Spatburgunder)の名で知られています。

比較的早生品種で、房が小さく、小粒で、ほとんど黒に近い紫みを帯びた青色の果皮を持っています。カベルネ・ソーヴィニヨンなどに比較して果皮は薄く、果肉に対する種子比率も低いので、タンニン、赤色の濃さもやや低いですが、ビロードや絹のように滑らかなワインになります。若いうちは赤いフルーツの香りを持ち、徐々にサクランボやけもの、きのこ等を思わせる香りが高くなります。

ピノ・ノワールは気まぐれと言われるほど、テロワールに極めて敏感で、水はけと保温性の高い石灰岩質の土壌と、比較的涼しい気候下でも充分な日照量を確保出来ることが栽培地には必要になり、栽培には特に神経を使います。フランスでその適地といえば、ブルゴーニュ、それもコート・ドールなどきわめて限られた場所になります。また、この品種は遺伝子的に不安定で、この突然変異種に緑みを帯びた黄色の果皮を持つピノ・ブラン(Pinot Blanc)や褐色のピノ・グリ(Pinot Gris)などがあり、時には同じ樹に異なった色の果実がなるともいわれています。これらのの特性からか、その他の地方・国では、ブルゴーニュに匹敵するものは造られていませんが、最近、栽培技術、醸造技術の革新が銘醸地の拡大を助け、カルフォルニアの幾つかのワイナリー(シャーローン、クロ・デュ・ヴァルなど)やオレゴン(Dm.ドルーアン)で目を見張るものが現れています。また、ニュージーランドでも適地として栽培が増えています。

シャンパンではほかに、シャルドネピノ・ムニエが主に使われます。そのほかのぶどう品種も含め、シャンパンで使用されるぶどうの品種にまとめてあります。

関連用語

Ads