コトー・シュッド・デペルネイ とは

コトー・シュッド・デペルネイ / Coteaux sud d'Épernay

コトー・シュッド・デペルネイ”はエペルネの南に、1996年に誕生した新地域。ヴァレ・ド・ラ・マルヌモンターニュ・ド・ランスの間、エペルネの南に位置する16の村が所属している。まだ余り知られていない地域だが、良質のチョーク層に恵まれヴァレ・ド・ラ・マルヌのふくよかさと、コート・ド・ブランのシャープなミネラルの両方を併せ持つワインが産出される。近年ではラエルト・フレールなど若手の優良生産者を輩出している。今後も注目が集まるであろう地域。

Ads