シャンパン銘柄集

Drappier / ドラピエ

Drappier

ドラピエ

基本情報

設立
1808
地区
Côte des Bar / コート・デ・バール
Urville / ユルヴィル
所在地
Rue des Vignes 10200 Urville (Google Maps)
Tel
+33 (0)3 25 27 40 15
Fax
+33 (0)3 25 27 41 19
公式サイト
http://www.champagne-drappier.com/
日本輸入・販売元
テラヴェール株式会社
製造業者種別
NM
製造業者No.
NM-181-001
生産者名
S.A.S DRAPPIER

概要

ドラピエは、1808年にシャンパン・メーカーとしてスタート。どこの傘下でもなく完全に親族会社で、ドラピエ家は1604年生まれのレミー・ドラピエまでさかのぼることができ、少なくとも17世紀初めにはワインづくりに携わっていたという。1152年の世界最古のセラーを所有しています。

現社長のミッシェル・ドラピエは、シャンパンづくり8代目です。ミッシェルがいうには、シラク元大統領はドラピエ・ファンとのこと。また、故ルチアーノ・パヴァロッティは歌う前に「ドラピエ」を飲むのが習慣で、「ドラピエでうがいをすると声の出が良くなる」と言っていたそうです。実は、おいしいほかに、SO2(酸化防止剤として一般的に使います)を減らしていることがお気に入りの理由、とのことです。

シャンパンに限らず、ワインの最大の敵は「酸化」。酸化させず、しかも亜硫酸塩にできるだけ頼らずにつくるため、ドラピエでは葡萄果汁の新鮮さを保つ特別の配慮をしています。搾汁機の下に直接発酵タンクを設置して、長いパイプの中を果汁が移動することを避けているのです。こうして、果汁の新鮮さを保つことで、果実風味が活かされて、複雑さと繊細さを持った、素晴らしいアロマのシャンパンができるのです。

最新関連情報

商品更新情報

Champagnes

*色:ロゼブラン・ド・ブランブラン・ド・ノワールその他

画像集

Ads