ドザージュ とは

ドザージュ / Dosage

デゴルジュマン(澱の除去)後の容量の目減り分を、糖を加えたワインなどの甘味を調節したリキュールの添加によって補います。この容量と甘味の調整のことをドザージュと言います。和訳するとすれば、リキュール添加、補酒。

ドザージュに使われるリキュールを「門出のリキュール(Liqueur d'Expedition / リキュール・デクスペディシオン)」といい、シャンパンの生地のワインなどシャンパンと同質のものに糖を加えたものが使用されますが、この糖の量によってシャンパンの辛口、甘口の差が生まれます。この糖の量による甘味度合いの表記がAOCによってExtra BrutDoux まで6段階に規定されています。その中でも最も一般的なのが、Brutですが、15g/l以内と幅が広い定義であり最低含有量も決まっていないため、Extra Brut と呼べるものでも Brut と表記している場合もあります。また、Brut Nature / Brut Zero / Ultra Brut / Brut Non Dose / Zero Dosage / Brut Sauvage / Brut 100% / Brut de Brut などの表記もあり、これらはすべてリキュールをまったく加えないものです。

シャンパンのラベルに必ず記載されているので、買うときの味の目安になります。これらの表記については、シャンパンの甘さを決める「ドザージュ」 Brut?Sec?Dry?で詳しく解説しています。

Ads