目次

Veuve Clicquot Ponsardin / ヴーヴ・クリコ・ポンサルダン

Veuve Clicquot Ponsardin,Veuve Clicquot

ヴーヴ・クリコ・ポンサルダン,ヴーヴ・クリコ

基本情報

設立
1772
地区
Montagne de Reims / モンターニュ・ド・ランス
Reims / ランス
所在地
12 rue Temple 51100 Reims (Google Maps)
Tel
+33 (0)3 26 89 54 40
Fax
+33 (0)3 26 40 60 17
公式サイト
http://www.veuve-clicquot.com/
日本輸入・販売元
ヴーヴ・クリコ ジャパン株式会社
生産量
996,000 本 ※参考文献
資本関係
LVMH 傘下
製造業者種別
NM
製造業者No.
NM-157-001
生産者名
VEUVE CLICQUOT PONSARDIN

概要

ヴーヴ・クリコ・ポンサルダンは1772年フィリップ・クリコによって設立。1799年、息子のフランソワはバルブ・ニコル・ポンサルダンと結婚しますが1805年に死去、未亡人となった婦人は夫の意思を継ぐことを決意しシャンパン業に乗り出し、業績を大きく拡大させました。現在はLVMH傘下に入り、世界有数のシャンパンブランドとして君臨しています。 さらに詳細を読む

最新関連情報

商品更新情報

商品一覧

*色:ロゼブラン・ド・ブランブラン・ド・ノワールその他

詳細

ヴーヴ・クリコ・ポンサルダンは1772年、フィリップ・クリコによってクリコ社として設立されました。1799年、息子のフランソワはランスの裕福な家の娘バルブ・ニコル・ポンサルダン(1777年誕生)と結婚しますが1805年に死去、未亡人となった婦人(当時27歳)は夫の意思を継ぐことを決意しシャンパン業に乗り出します。当時年間売り上げ実績が僅か5万本だったクリコ社は、彼女が89歳で死亡した1866年には3000万本を売り上げる会社に成長していました。社名は1810年に現在のヴーヴ・クリコ・ポンサルダンと改名。1987年に世界有数の高級ブランドのコングロマリットであるLVMH傘下に入り、その後は日本を含めた世界各国の市場で積極的に販売網を広げ、世界有数のシャンパンブランドとして君臨しています。

かつてマダム・クリコは、腕利きの醸造技師アントワーヌ・ミューラーとともに、何日も何ヶ月も薄暗い蔵にこもって、シャンパンの澱を取り除き、澄んだ美しいシャンパンをつくるための研究をかさね、澱を取り除くための台「ピュピトル」とボトルを毎日少しずつ回転させる作業「ルミアージュ」を開発したのです。また、彼女はコルクに錨とV.C.Pの文字の刻印をし、ボトルに同じモノグラム(組み合わせ文字)を刻印しました。これは、伝統と優雅さのクリコ・スタイルの象徴として世界中に認められている、有名なイエローラベルのデザインのできる前の事です。今は、醸造責任者のジャック・ペテルスによって丹念に仕上げられたシャンパンのみ、ヴーヴ・クリコの名を冠することができるのです。

クリコ社は現在平均格付け97%以上のクリュの畑を280ha所有していますが、それも必要量の3割程度。貯蔵用の地下セラーは25kmにおよび、現在では観光用のミニ列車まで走っています。

イギリス王室の紋章が物語るように、王室でも愛飲されており、1981年の故ダイアナ妃のロイヤル・ウェディングにもヴーヴ・クリコは指定されています。

画像集

Ads