コート・デ・ブラン とは

コート・デ・ブラン / Côte des Blancs

シャンパンの主要生産地区のひとつ。

コート・デ・ブランというのは”白い丘陵”という意味で、その名のとおり白葡萄中心で、ブラン・ド・ブランの故郷。この地区の葡萄畑は白亜とその風化した土壌に広がっています、この地区のシャルドネから生まれるシャンパンは、常にフレッシュさを失わずゆっくりと熟成し、デリケートでエレガンスをそなえています。

北にサランの丘、南はエメの丘という2つの残丘を配する、長く延びた丘陵は、白亜質の平野と接している付近の勾配は平均5度前後と比較的なだらか、丘陵の上部では斜面の勾配はよりきつく、20度以上に達するところもあります。丘陵の基盤は硬い石灰岩で、世界一石灰質(チョーク質)土壌の密度が高い地域です。
コート・デ・ブランの白亜は純粋で石灰分が強く、浸食によって変化を受けることが殆どありません。白亜は柔らかくもありもろいので、滞水性がとても高く、スポンジのように水分を吸収してとどめることができます。

エペルネー、シャロン=アン=シャンパーニュから延びている往来の交わりと、東向きの斜面で早い時間から朝日を浴びられ病害や霜の被害が少ないという、2つの地理的な利点が、シャルドネ種による素晴らしい酒質で有名なこの地の繁栄を築き上げました。

コート・ド・ブランには、グランクリュに格付けされている村が6あります。(格付けについては「シャンパンの格付けⅠ」で解説しています)

コート・デ・ブラングラン・クリュ、プルミエ・クリュ】
グラン・クリュプルミエ・クリュ
Avize / アヴィーズ
Chouilly(Blancs) / シュイィ
Cramant / クラマン
Les Mesnil-sur-Oger / ル・メニル・シュール・オジェ
Oger / オジェ
Oiry / オワリー
Bergeres-les-Vertus
Chouilly(Noirs)
Coligny
Cuis
Etrechy(Blancs)
Grauves
Pierry
Vertus
Villeneuve-Renneville-Chevigny
Voipreux

※(Blancs) - 白ブドウのみの格付け、(Noirs) -黒ブドウのみの格付け。白ブドウと黒ブドウで格付けが違う村が存在します。

関連用語

Ads