ミュズレ とは

ミュズレ / Muselet

シャンパンのコルクの上にかぶせられている王冠のことを通称「ミュズレ」といいます。
フランス語で「口をふさぐ」「封じる」という意味。正式にはコルクを含めた栓全体のこと。

シャンパーニュの王冠の正式名称は「プラーク・ド・ミュズレ・デュ・シャンパーニュ」といいます。

シャンパンのコルク栓は普通のワインのコルク栓とは違い、高いガス圧に耐えなければいけないためコルクと瓶口をしっかりと針金で留めていますが、この強度を高めるためコルク栓の上にミュズレがかぶせられています。

ミュズレは生産者やアイテムにより異なり、とても素敵なデザインのものからカラフルなもの、シンプルなものと様々で、海外、とりわけフランでは、切手を収集するようにミュズレをコレクションしている人がおり、専用のケースも売り出されています。また、ラベルの変更などに伴いこもミュズレのデザインも変更さるために、古いものは手に入りにくく高値で取引されたりしています。

いまやほとんどのシャンパンやスパークリングワインに採用されていますが、これは1844年にジャクソンの2代目アドルフ・ジャクソン(Adolphe Jacquesson)が発明して特許を取ったものです。

Ads