クリマ とは

クリマ / Climat

クリマとは、気候、風土をあらわすフランス語です。

ブルゴーニュ地方などでは、区画ごとに様変わりする気候のことをミクロクリマ(微気候)と呼んでいます。(隣の畑では雹害にあったが、こちらは大丈夫、というような事がよくあります。)転じて、ブルゴーニュ地方では、それぞれのワインに個性を与える地形上の特徴(テロワール)によって区分された個々のブドウ畑のことをあらわす言葉としても、この「クリマ」という言葉が使われます。よって、「クリマ」は、ブルゴーニュにおける、グラン・クリュ(特級畑)、プルミエ・クリュ(一級畑)のベースとなるものです。

Ads