アペリティフ とは

アペリティフ / Apéritif

“食前酒”という意味のフランス語。前菜が出てくるまでに飲む一杯の酒のこと。
英語では、アペタイザー(Appetizer)ともいうが、「アペリティフ」を用いることが多い。
ノドをうるおし、食欲を増進する目的で、欧米では非常に親しまれ、飲まれています。

シャンパンは食前酒に使われることが多い酒といえますが、ほかにも、白ワイン、シェリー、カクテルなど基本的に、辛口の低アルコールのお酒が用いられます。

ちなみに、食後酒は「ディジェスティフ / Digéstif」(フランス語)。

Ads